RSS

【本の情報】 金子兜太さん死去 戦後代表する俳人 98歳








金子兜太さん





 戦後日本を代表する俳人で、前衛俳句運動の中心となり、俳句の可能性を大きく広げた朝日俳壇選者の金子兜太(かねこ・とうた)さんが20日、急性呼吸促迫症候群で死去した。98歳だった。

 埼玉県生まれ。旧制水戸高校時代に作句を始め、「寒雷(かんらい)」主宰の加藤楸邨(しゅうそん)に師事した。東京帝国大経済学部を卒業後、日本銀行に入行。海軍士官として南洋トラック島で終戦を迎え、後に復職した。戦後は社会的な題材を詠む「社会性俳句」に取り組み、前衛俳句運動の中心となるなど、戦後の俳句運動の旗振り役を務めた。季語の重要性は認めつつ、季語のない無季の句も積極的に詠み、時に有季定型の伝統派と激しい論戦を繰り広げた。俳句をより多くの人に開かれたものにし、「お~いお茶 新俳句大賞」など軽くカジュアルな新潮流も楽しんだ。小林一茶や種田山頭火の研究でも知られ、再評価の機運を盛り上げた。

 代表句に、「銀行員等(ら)朝より螢光す烏賊(いか)のごとく」「彎曲(わんきょく)し火傷し爆心地のマラソン」など。「おおかみに螢が一つ付いていた」など、故郷・秩父の骨太な風土に根ざした句も多い。62年に同人誌「海程(かいてい)」を創刊し、後に主宰に。高齢を理由に2018年9月での終刊を決めていた。

 反戦の思いから同時代への発言を続け、晩年は故郷や平和への思いを多くの句に託した。安全保障関連法案への反対が広がった15年には、「アベ政治を許さない」を揮毫(きごう)した。

 1983年に現代俳句協会会長となり、2000年から同協会名誉会長。02年に蛇笏賞、03年に日本芸術院賞、05年にスウェーデンのチカダ賞。同年に日本芸術院会員。08年に文化功労者、10年に菊池寛賞。戦後一貫して現代俳句を牽引(けんいん)した功績で15年度の朝日賞。朝日俳壇の選者には87年に就任、18年1月から体調不良のため休んでいた。








http://book.asahi.com/booknews/update/2018022200002.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト

【本の情報】 ひねもすのたり日記(1) ちばてつやさん








ちばてつや=飯塚悟撮影





■冗舌に思い伝えられるのが漫画



 18年ぶりの新作単行本だ。青年漫画誌ビッグコミックに連載中の作品で、1回の分量は4ページ。「長編小説を書いてきたのが、俳句を書く人になったみたい。ときどき字余りになるけれど」

 東京で生まれたが、生後すぐに日本を離れ、終戦まで旧満州の奉天市(現・瀋陽市)で育つ。過酷な引き揚げ体験が作品に出てくる。父の知人にかくまわれた屋根裏部屋で、弟たちのために描いた絵が漫画家としての原点だった。引き揚げ船の中で死者が続出。「人間って……かんたんに死んでしまうんだ」と思い知った。

 「戦争を体験した人間として、若い人たちに伝えといた方がいいのかなと思って」

 老いの日常も描かれている。病院に薬を忘れてきたり、散歩に出て道に迷い、家に帰れなくなったりする。「おバカな日常をうまく伝えたいと、描いては消し、描いては消し。でも、とても楽しいですよ」

 漫画家仲間との交友の場面も登場するが、ある人からは「苦情」も。「ちばちゃんは自分のことはかわいく描くのに、俺たちのことは憎らしく描く」

 自宅の応接間には「あしたのジョー」の大きなパネルが掲げられている。連載が始まったのは、ちょうど50年前。「体力的にも精神的にも追い詰められたが、充実していた。それまで漫画家と呼ばれても自信がなかったけれど、読者に認めてもらえて、この道しかないと確信した作品」と語る。

 当時、忙しい最中にファンの大学生たちが酔っ払って激励の電話をかけてきた。次々と電話口に出て、最後は教授や飲み屋の女将(おかみ)まで。「うれしいやら、困ってしまうやら」。いい思い出だ。

 「漫画って、紙と鉛筆があればいい。人間でも動物でも、楽しいのか悲しいのか、ひと目で分かる。私は本来、引きこもりで無口ですが、漫画だと冗舌に自分の思いを伝えることができる」

 来年、80歳。「その年齢に応じて感じたことを、頼りない線でもいいから描けたらいい。多分、生きている限り描いていると思いますよ」

 (文・西秀治 写真・飯塚悟)

    ◇

 小学館・1200円








http://book.asahi.com/reviews/column/2018021800012.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

【本の情報】 二月の勝者_―絶対合格の教室― [作]高瀬志帆


最強最悪の塾講師、登場! もはや東京の小学生にとって、中学受験はまったく特別なものではなくなっている。ほとんどの学校が2月1日に試験を行うが、森上教育研究所によると昨年この日に私立中学を受験した児童は3万6888人。しかし、開成や麻布など誰もが知っている「トップ校」に入れるのは1割程度しかいないという。 佐倉麻衣(まい)は中堅の中学受験塾「桜花ゼミナール」吉祥寺校の新人講師。彼女の目を通して、名門塾フェニックスから移籍してきた異色の校長・黒木蔵人(くろうど)の姿が描かれていく。 若くして校長に抜擢された黒木は極めて優秀な講師のようだが、教育に対する情熱や子どもへの愛情は一切感じられない…






http://book.asahi.com/book/comicbreak/2018021900005.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

【本の情報】 〈マンガ今昔物語〉第89回 古代の英雄をハイテンションに描く!


 日本一の成り上がり男といえば豊臣秀吉だが、中国にはそれ以上の立身出世を遂げた人物がいる。一介の農民から身を起こし、皇帝となった漢の高祖・劉邦(りゅうほう)だ。 彼を主人公にした『赤龍王』は、本宮ひろ志が「週刊少年ジャンプ」に連載した最後の作品。1980年代の「ジャンプ」読者には難しかったようで連載は1年あまりで打ち切られたが、単行本は意外なほど版を重ねており、改めて読むと項羽(こうう)の愛人として知られる虞(ぐ)美人の新解釈や本宮ならではの壮大なスケールに引き込まれる。 昨年から高橋のぼるが「ビッグコミック」で『劉邦』の連載を始めた。本作の劉邦は、まず「劉季(りゅうき)」という名前で登場す…






http://book.asahi.com/book/comicbreak/2018021900003.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

【本の情報】 〈私のコミック履歴書〉女優 小松菜奈

ジャズでつながる友情 ――小さいころはどんなマンガを読んでいましたか。 小松 お兄ちゃんはマンガ好きで「コロコロコミック」とかすごい読んでいて、学校ではマンガを回し読みしている友達も多かったんですけど、わたし自身はあまり読む機会がなくて……。本格的に読み出したのは仕事を始めてからだと思います。 ――女優の仕事を始めてからというと、ここ3~4年? 小松 そうですね。演じるキャラクターのイメージをつかみたいので、なるべく原作は読むようにしています。わたしはマンガと実写は違うと思うし、原作ファンの期待にもこたえたいので。読んでみるとその世界に引き込まれて、そこで初めてマンガの面白さに目覚めた感じで…



http://book.asahi.com/book/comicbreak/2018021900001.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

【本の情報】 ル・グウィンの世界 日常に冒険見つける魔法の眼 小谷真理


 北のほうからとてつもない寒気団がやってきた冬のさなか、アーシュラ・K・ル・グウィンの訃報(ふほう)を聞いた。今年は〈ゲド戦記〉第1巻『影との戦い』(1968年)がアメリカで刊行されてから、ちょうど半世紀。いっぷう変わったファンタジーだった。 舞台は、群島からなる異世界アースシー。のちに大魔法使いとなるゲドの少年期を描いている。魔法の才能に恵まれていたゲドは自信過剰なあまり言いつけに背き、禁断の魔法に手を染めてしまう。1巻は、その失敗と償いのお話だ。 普通の英雄の冒険譚(ぼうけんたん)と違って、地味なストーリーだが心に沁(し)みる。誰もが陥りがちな人生の落とし穴の話なのだ。自分のバカさ加減…






http://book.asahi.com/reviews/column/2018021800001.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

≪前のページ≪   1ページ/347ページ   ≫次のページ≫