FC2ブログ
RSS

戦国の日本語?五百年前の読む・書く・話す [著]今野真二

http://ift.tt/1HpQhJm


■繊細に変わる「ことば」を探求 平安時代、ことばを自在に操ることができたのは、貴族と上級の宗教者に限られていた。鎌倉時代になると教養を獲得した武士が自己を主張するようになり、室町時代には多くの庶民も…


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://ift.tt/1iKYURh

via IFTTT

書評は本郷和人さん。
なかなか面白そうな本である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す