RSS

【本の情報】 14歳の水平線 [著]椰月美智子

■夏の少年たちの迷い、揺らぎ 物語の主人公は、中2の加奈太と父親の征人(ゆきと)だ。児童文学作家の征人は、加奈太が中学入学後に離婚。以来、男手一つで息子を育ててきたのだが、反抗期真っただ中の加奈太に…

http://ift.tt/1L9Zlpv


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://ift.tt/1iKYURh

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す