RSS

【本の情報】 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい [著]樋野興夫

■がん哲学外来で出す「言葉の処方箋」 2008年、病理学者の樋野興夫は「医師と患者が対等の立場でがんについて語り合う場」として、がん哲学外来を開設した。場所は、自身が勤務する順天堂大学医学部の附属病…

http://ift.tt/1jJkknr


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://ift.tt/1iKYURh

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す