RSS

【本の情報】 戦争小説家 古山高麗雄伝 [著]玉居子精宏

■兵士体験通じて自らの魂と対話 古山高麗雄(ふるやまこまお)は、2002年1月26日に「孤独死」という随想をある新聞の夕刊に書いた。その40日余りあとに実際に自宅で孤独死している。 古山の人生には「…

http://ift.tt/1iboMKe


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://ift.tt/1iKYURh

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す