RSS

【本の情報】 いつかの人質 [著]芦沢央


■誘拐と失踪、すれちがう愛 3歳の時に連れ去られた宮下愛子は、ほどなく自宅には戻れたものの、その時の怪我(けが)で視力を失ってしまう。それでも、両親の、とりわけ母親の庇護(ひご)のもと、健やかに育っ…




http://book.asahi.com/reviews/column/2016012400019.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す