RSS

【本の情報】 愛国と信仰の構造 [著]中島岳志、島薗進

■宗教ナショナリズム運動の危険性 昨年、ほとんどの憲法学者が「違憲である」と断じた安保法制が強行採決で成立し、日本の立憲主義は危機に陥った。憲法遵守の義務を負っている国会議員が数の論理で憲法を歪める…

http://book.asahi.com/reviews/column/2016032900001.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す