RSS

【本の情報】 蚕食鯨呑―世界はおいしい「さしすせそ」 楊逸さん

■うんちくより情報の食談義 蚕が桑の葉をサクサク食べるように、鯨が何もかもどーんと呑(の)み込むように。中国出身で日本に暮らす作家の楊さんが赴く先々、食べ物と、食べ物にまつわる話を味わう。 「美食家…

http://book.asahi.com/reviews/column/2016071700013.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す