RSS

【本の情報】 iPS細胞が医療をここまで変える [監修]山中伸弥 [著]京都大学iPS細胞研究所

■日本が研究のリードを保つ鍵は 「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」の誕生から10年を迎えた今年、それが医療への実用化にどこまで近づいたかを解説したのが本書だ。 iPS細胞はあらゆる組織へと分化できる…

http://book.asahi.com/reviews/column/2016080700014.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す