RSS

村上春樹さんが海外で人気を得た理由

ノーベル文学賞発表直前!
>13日に発表される予定のノーベル文学賞。日本では今年も、村上春樹さん(67)の受賞の期待が高まっています。2006年に「ノーベル賞の登竜門」ともいわれる「フランツ・カフカ賞」を受賞し、国外でも人気を誇る村上さん。そのきっかけとなった四半世紀前のアメリカ進出には、「米国最強の布陣」の支えがありました。
ノーベル文学賞、今年も注目の村上春樹 世界進出支えた「米国最強の布陣」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000001-withnews-n_ame&p=1
この記事はとてもいい。こういうことがあって海外でも読まれるようになったのですね。
 日本では、出版界における「代理人」という存在はなじみが薄い。米国では、代理人が自らの人脈を駆使して書籍の魅力を出版社や書店、書評を執筆する批評家らに売り込む。その腕次第で、本の売り上げが変わるというのが業界の常識だ。
その後ビンキーは村上との代理人契約を結び、作品を次々とベストセラーにのし上がらせていくのだが、それは10年ほど先のことだ。

確かにこういう仕事をやってみたい。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す