RSS

【本の情報】 幼年の色、人生の色 [著]長田弘

2年前に75歳で永眠した詩人が、みずから晩年に編んだ自選エッセイ集。 冒頭に表題作が置かれる。過ぎゆく時間は感情を消し去るが、自分を包んでいた時間の色合いは、時とともに自身の人生の色として鮮やかに…

http://book.asahi.com/reviews/column/2017020300004.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す