RSS

【本の情報】 クラウドガール [著]金原ひとみ、私をくいとめて [著]綿矢りさ

■自立を模索する女性たちの今 金原ひとみと綿矢りさが芥川賞を同時受賞したのは2004年。当時、金原は20歳、綿矢は19歳。そして13年。30代になった二人が昨年本紙に連載した小説がこの2作である。 金原ひとみ『クラウドガール』は姉妹の物語である。留学先から帰国して大学に通う姉の理有(りう)は20歳。高校生の妹・杏(あん)は16歳。父母は離婚しており、母は2年前に急死した。 〈私たちは、二人で生きてきた。ママが死んでからずっと。いや、パパとママが離婚してから。いや、病院で産声をあげたばかりの杏を目一杯抱きしめ、赤ちゃんを潰さないでねと看護師さんに笑われたあの日から。私たちは二人で、手を取…

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017040300001.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す