RSS

【本の情報】 いのちの車窓から 星野源さん


■ひとりではない瞬間の、大切さ 出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は、主題歌「恋」とそのダンスも含め社会現象に。いまや「時の人」だが、「口をぽかんと開けてみていて、なんだかすごいなって」。ふわりとした、あの笑顔で言う。「ちょっとだけひとごとのような」感じらしい。 学校になじめずにいた中学時代。音楽と演劇に出会う。2000年にバンド「SAKEROCK」を結成、03年から劇団「大人計画」の舞台にも立つ。「場所はニッチでも、わかってくれる人だけが聞いてくれればいいと思ったことはない」。「星野源が好き」と表明することに「サブカル」や「文化系」という言葉がついて回ったのは、もう過去の話だ。 …




http://book.asahi.com/reviews/column/2017040200012.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す