RSS

【本の情報】 日本の近代とは何であったか―問題史的考察 三谷太一郎さん


■現在を歴史に位置づける総論 三谷太一郎さん(80歳) 「自分のこれまでの各論的研究を土台にして、日本近代についてできるだけコンパクトで、わかりやすい総論を目指しました」 ヨーロッパ近代をモデルとした日本で、政党政治・資本主義・植民地帝国・天皇制は、なぜ作られたのか。政治史家がこれらの問題に正面から取り組み、歴史に現在はどう位置づけられるか考えた。 政党政治はなぜ生まれたか。幕藩体制の合議制や月番制が、明治憲法下の議会制と権力分立制につながり、藩閥政治から政党政治が作られた。東アジアでは例外的な複数政党制が成立するが、軍部などの専門家支配によって崩壊した。今後は「政権とその周辺の新しい…




http://book.asahi.com/reviews/column/2017040900009.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す