RSS

【本の情報】 県警外事課 クルス機関 [著]柏木伸介


公安の一匹狼(おおかみ)vs.冷酷な暗殺者 疾走感が半端ない公安ミステリー 第15回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞受賞作は、緻密(ちみつ)なプロットで構築された渾身(こんしん)の公安ミステリーである。主人公は、違法捜査もいとわず、“歩くひとり諜報(ちょうほう)組織”=「クルス機関」の異名をとる神奈川県警外事課の来栖惟臣(くるすこれおみ)。北朝鮮工作員が日本で大規模テロを画策中という情報を得るが、猶予はわずか1週間しかない。 一方、尾崎陽一こと呉宗秀(オ・ジョンス)は、北朝鮮で過酷な状況を生き抜き、工作員として徹底した教育を受けてきた。ヘイト・スピーチを繰り返すナショナリスト集団…




http://book.asahi.com/book/booktimes/2017042600003.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す