RSS

【本の情報】 誰が日本の労働力を支えるのか? [著]寺田知太、上田恵陶奈、岸浩稔、森井愛子


■人工知能にも着目、厳しい見通し 2030年までに、日本は14年度に比べて700万人の働き手を失うという。不足した労働力をどう補うか。野村総研の著者らは解決策として外国人労働力と人工知能などデジタル労働力に着目した。 統計からは不都合な情報も明かされる。たとえば外国人にとって働く場所としての日本の魅力は61カ国中52位と低い。給与も高くないうえ、労働時間は長い。また日本と同じく高齢化が進む中国などの人口大国でも労働力は不足していく。海外から人材を得るのは厳しくなる見通しだ。 一方、デジタル労働では、英オックスフォード大との共同研究で、日本で労働者は49%が人工知能やロボットに代替できる…




http://book.asahi.com/reviews/column/2017050700016.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す