RSS

【本の情報】 キリンの子―鳥居歌集 [著]鳥居


■光に包まれた季節 病室は豆腐のような静けさで割れない窓が一つだけある 危うい気配に満ちた静寂が見えてくるような一首だ。そんな作品からはじまる、今年の現代歌人協会賞を受賞した『キリンの子 鳥居歌集』。不穏な気分のまま続きを読むと、それらが自殺未遂の体験を歌ったものとわかる。 作者は、鳥居。筆名である。プロフィールには、〈2歳の時に両親が離婚、小学5年の時には目の前で母に自殺され、その後は養護施設での虐待、ホームレス生活などを体験した〉とある。まともに義務教育も受けられず、拾った新聞などで文字を覚え、独りで短歌を学んだらしい。 冷房をいちばん強くかけ母の体はすでに死体へ移る 鳥居はか…




http://book.asahi.com/reviews/column/2017061300002.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す