RSS

【本の情報】 青楼オペラ [作]桜小路かのこ

■江戸・吉原を舞台に描かれる「将来(さき)のない恋」 青楼(せいろう)とは「美女の住む家」のことで、江戸時代は吉原遊郭を意味していた。両親を謎の賊に殺されて家を取りつぶされた武家の娘・永倉朱音(ながくらあかね)は、犯人と事件の真相を探るため、自ら吉原の大見世(おおみせ)・曙楼(あけぼのろう)に身を沈め、「茜(あかね)」という遊女に。高利貸しの若旦那・近江屋惣右助(おおみやそうすけ)に目をかけられ、やがてふたりは運命的な恋に落ちていく。 惣右助は色男で仕事ができる上、うなるほどの金を持っていて武士も頭が上がらない。そんな理想的ヒーローが、茜だけを一心に愛してくれる。また、永倉家に仕えていた…

http://book.asahi.com/book/comicbreak/2017062000010.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す