RSS

【本の情報】 【江戸本】敵の名は、宮本武蔵【EDO-BON_premium_4】


 剣聖と呼ばれた男の真の姿とは。7人の敗者たちから描く、かつてない宮本武蔵。 島原沖田畷の戦いに参戦した鹿島新当流免許皆伝の有馬喜兵衛は、大筒を使った攻撃で、蔵に潜んでいた童を誤って殺してしまった。悪評はたちまち広がり、"童殺し"の不名誉な渾名をつけられた喜兵衛は、家中を追放されることに。剣が汚れると、士官どころか剣で身を立てることも叶わなくなった喜兵衛は、播磨平福村へと流れ着く。博打と遊女に塗れて、四年が過ぎたころ、村に宮本無二斎と、弁助と呼ばれる子供が現れた。驚くべきことに弁助は、「生死無用」の立て看板を掲げ、真剣で果し合いをするというのだ。 朽ちた喜兵衛の心に、さざ波が立ち始める………




http://book.asahi.com/reviews/column/2017062900012.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す