RSS

【本の情報】 少女たちが語る少女たちの物語 松浦理英子の長編小説

松浦理英子さんの久々の長編小説『最愛の子ども』(文芸春秋)は、友情とも恋愛とも割り切れない関係で結ばれた少女たちの物語だ。自分が何者なのか、自分でもまだ理解していない少女たちの、悲しみと欲望が交錯する。 女子高校生3人を、同級生たちは「ファミリー」と呼ぶ。日夏がパパで、真汐がママで、そして空穂が王子様。 時に親子のようなやさしさが、あるいは時に性愛のようななまめかしさが、3人の間には漂う。「同性愛的なものというより、家族にもあるようなふれあいの先にある、あいまいな欲望を描きたかった」と松浦さんは言う。 教師や親、あるいは男子生徒がもたらすさまざまな抑圧や屈辱が、3人の日常に次から次へと…

http://book.asahi.com/booknews/update/2017070700004.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す