RSS

【本の情報】 “生涯投資家”村上ファンドを率いた村上世彰が指摘する日本企業の問題


■村上世彰は、なぜ今、筆をとったのか? 「もの言う株主」として2000年代に世間の耳目を集めた投資家がいる。 アパレルメーカー「東京スタイル」にプロキシーファイト(議決権争奪戦)を行い、ニッポン放送や阪神電気鉄道など、企業への投資を行うたびに、メディアに取りあげられた村上世彰氏だ。 ニッポン放送を巡る騒動では、堀江貴文氏から得た情報がインサイダー取引に当たるとして起訴され、有罪判決に至った。その後、表舞台から退いていた村上氏が『生涯投資家』(文藝春秋刊)を上梓した。 本書では著者自身の半生と投資哲学、そして、投資家として何を思い、何を成し遂げたかったのかを赤裸々に綴っている。 20…




http://book.asahi.com/reviews/column/2017071100003.html?ref=rss2


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す