FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

【本の情報】 ものするひと(1) [作]オカヤイヅミ


■30歳の作家の日常、ゆるやかに 雑誌「文像」の新人賞を受賞しデビュー。1DKのアパートに一人暮らしで、警備のアルバイトをしながら小説を書く。体が大きくどこか茫洋(ぼうよう)とした雰囲気。「人に対して全然執着とか依存とかなさそうにしてて人懐っこい」というのが文壇バーのママによる彼の作品および人物評だ。 そんな30歳の作家の日常をゆるやかに描く。言葉について世界について、彼は常に考えている。そのとりとめのない思考の流れは、まるで本物の作家の頭の中を覗(のぞ)いているかのよう。仲間内での突発的な言葉遊びも興味深く、なるほど作家になる人間とはこういうものかと感心する。 しかし、彼らの会話やモ…






http://book.asahi.com/reviews/column/2018040700012.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。