RSS

【本の情報】 家族社会学者・永田夏来 未婚時代の家族のかたち、探る


 昨年8月に刊行した初の単著『生涯未婚時代』(イースト新書)で注目を集めた気鋭の家族社会学者。女性誌「Oggi」「VERY」でインタビューされ、インターネットテレビ「AbemaTV」のトーク番組「Wの悲喜劇」に出演するなど引っ張りだこだ。 同書では1980年までは5%未満だった生涯未婚率が90年以降、急激に上昇し、2015年には男性が23%、女性が14%に達したと指摘。結婚によって成立する「家族」が、もはや賞味期限切れの存在になっていると喝破した。 「高度成長期以降のこれまでの家族には幾層もの『○○すべき』が押しつけられてきました。婚姻届を出すべきで同居すべきで、家事・育児などのケア労働を…






http://book.asahi.com/booknews/update/2018041300001.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す