RSS

【本の情報】 ケラリーノ・サンドロヴィッチ2―百年の秘密/あれから ケラリーノ・サンドロヴィッチさん


■人生は「終わり方」だけではない ケラリーノ・サンドロヴィッチさん 作・演出する劇団「ナイロン100℃」は、やりとりのおかしさに笑いがこみ上げ、人の存在の危うさにどきりとさせられる舞台で知られる。それは、戯曲として読んでもおもしろい。 再演を機に出版された「百年の秘密」。軸となるのはティルダとコナという女性同士の友情だ。12歳から78歳、さらに死後まで、二人と家族の断片的スケッチが、時代を行きつ戻りつしながら展開し、壮大な年代記になっていく。徐々に明らかになる秘密や関係の変化、伏線も含め計算し尽くされた巧みな構成と思ったが、6年前の初演の際、本番ぎりぎりで書き上げたものなのだという。 …






http://book.asahi.com/reviews/column/2018042500001.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す