RSS

【本の情報】 太陽系観光旅行読本―おすすめスポット&知っておきたいサイエンス [著]O・コスキー、J・グルセヴィッチ






■木星でインスタ映え写真撮る!?



 子どもの頃SFに夢中だった。なかでも好きだった小説は、太陽系の各惑星にそれぞれ独自の文明があるという設定で、文庫本の巻末に各惑星の案内がついていた。たとえば水星は常に太陽に同じ側を向けているため、昼と夜の間の細長いゾーンにだけ生き物が暮らし、豊富な鉱物資源を利用した宇宙船産業が盛ん、水星人は小柄で喧嘩(けんか)っ早い云々(うんぬん)。地図もついていて、それを眺めながら私は宇宙旅行の夢を見た。生きている間に可能になるとは思わなかったものの、想像するだけで胸が躍った。

 ところがである。成長し現実を知ると、大きな失望を味わうことになった。

 金星は雲に覆われ暑く、冥王星は暗くて寒く、観光してる場合じゃなさそうなのだ。木星や土星にいたってはガスの塊で、地面すらないという。地面がない? そんな惑星ありなの?

 惑星間の移動もずいぶん時間がかかり、最初は興奮してもすぐに退屈しそうだ。それで惑星に降りられないんじゃ、いったい何しに出かけるというのか。

 そうして世に先んじて宇宙旅行に飽きてしまった私は、懐疑的にこの本を読んだのである。

 だが、失望するのはまだ早かったようだ。

 木星の大赤斑と土星の輪はやっぱり魅力的だし、グランドキャニオンの4倍も深い火星のマリナー渓谷、地球の1千倍も強力な木星のオーロラ、木星が満月の100倍大きく空を覆う衛星アマルテア、ときに高さ160キロも噴き出す土星の衛星エンケラドゥスの間欠泉など、現実の太陽系も見どころいっぱい。降りられない星は船で浮かんで観光すればよく、巨大惑星はちゃんと地面のある衛星をいくつも従えていた。

 地球の観光地をはるかに凌(しの)ぐスペクタクル。まだまだハードルはあるけれど、なんだかそのうち行けそうな気がする。実現したら、大赤斑をバックにインスタ映えする写真を撮ってきたい。

    ◇

 Olivia Koski、Jana Grcevich ふたりとも宇宙旅行専門の旅行代理店ITBで中心的な役割を担っている。








http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2018042800008.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す