RSS

【本の情報】 人体 「あなた自身」について探求を 布施英利


 東京の国立科学博物館で特別展「人体」が、横浜美術館では「ヌード」展が開催中だ。この春は、科学もアートも、人体が流行(はや)りだ。そこで「人体」にまつわる本を取り上げてみたい。 まずは解剖学者・養老孟司の『身体巡礼』。大学の職を離れ自由の身になった養老先生が、ヨーロッパに骸骨やミイラ、それに墓を見に旅した話だ。チェコ・オーストリアなどをめぐる旅だが、続編にイタリア・フランスなどを巡る『骸骨考』(新潮社・1620円)もある。 ■じっくり見る 骸骨や死体というのは、幽霊やゾンビなどのイメージとも結びつき、怖いと思う人もいるかもしれない。私は若い頃、医学部の解剖学教室で研究生活を送っていたので(…






http://book.asahi.com/reviews/column/2018050500002.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す