FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

【本の情報】 (おすすめ)本めぐるおしゃべりよみがえる


 作家・井上ひさし、評論家・松山巖、ノンフィクション作家・井田真木子が、毎月3冊ずつ本を選び、しゃべり合う。1995年から2年間、文芸春秋のPR誌「本の話」で続いた鼎談(ていだん)が本になった。『三人よれば楽しい読書』(西田書店・1728円)。 登場するのは、立花隆『ぼくはこんな本を読んできた』、又吉栄喜『豚の報い』、山口政五郎『鳶頭(かしら)政五郎覚書 とんびの独言(ひとりごと)』など72冊。3人のかけ合いがいい。 殺人犯とその一族を描いたマイケル・ギルモア『心臓を貫かれて』。「これはノンフィクションではなく、物語だと思いますが、文学はこれだけ大きな物語に拮抗(きっこう)できるかな」(松…






http://book.asahi.com/booknews/update/2018050700001.html?ref=rss2



from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://book.asahi.com/rss/rss2.rdf

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。