RSS

【本の情報】 ヌードと愛国 [著]池川玲子

■ヌードの背後に日本と日本人の姿が見える 池川玲子の『ヌードと愛国』は、1900年代から70年代までに登場した7点のヌード作品を取りあげ、それらが裸体の上にまとっている意味を分析していく。 巻頭では…






http://bit.ly/1zumwFJ


from ブック・アサヒ・コム 新着記事 http://bit.ly/1mFT5VK

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す