・【本の情報】 少年ジャンプ、半世紀 キャラ進化、人気引っ張る ・【本の情報】 バルタン星人を知っていますか? 飯島敏宏さん ・【本の情報】 生涯投資家 [著]村上世彰 ・【本の情報】 未来の年表-人口減少日本でこれから起きること [著]河合雅司 ・【本の情報】 土偶界へようこそ-縄文の美の宇宙 [著]譽田亜紀子 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:新刊のエントリー一覧

  • 【本の情報】 少年ジャンプ、半世紀 キャラ進化、人気引っ張る

     『週刊少年ジャンプ』が来年で創刊50周年。大規模な広告キャンペーンが話題を呼び、創刊号と最大部数653万部を記録した9784081022380しろ漫画は次に向かうべきだと思っていた」 漫画は紙で完結するものではない。堀江はそう考える。「手塚治虫は、絵を動かすためにアニメーションに行った。そもそも彼は映画が好きで描き始めています。漫画は漫画で終わりません」 ジャンプの部数が落ち始めた90年代半ばは、同時に、メデ...

  • 【本の情報】 バルタン星人を知っていますか? 飯島敏宏さん

    ■カオスから生まれた強さ伝える 「バルタン星人を知っていますか?」と聞かれて「知りません」と答える人は、現代日本に何人いるだろう。バルタン星人が登場した「ウルトラマン」の第2話「侵略者を撃て」が放送されたのは1966年7月。TBSの社員だった飯島さんが千束北男の名で脚本を書き、自ら監督も務めている。 「ウルトラ」シリーズは半世紀にわたって放送されているが、その間、バルタン星人は何度も地球にやって来た...

  • 【本の情報】 生涯投資家 [著]村上世彰

    ■話題になった案件と自らの哲学語る 2000年代前半、「モノ言う株主」「村上ファンド」で名を馳(は)せた村上世彰氏。06年にインサイダー取引で逮捕され、有罪判決を受けた氏が、初の自著で過去の投資案件と投資哲学について記した。 小3の時に十年分のお小遣いとして百万円を父からもらい、サッポロビールに投じたのが氏の最初の投資。東大卒後、官僚として16年務めたのち、投資家として独立した。 本書では、02年のア...

  • 【本の情報】 未来の年表-人口減少日本でこれから起きること [著]河合雅司

    ■静かなる有事 2015年の国勢調査で明らかになったように、日本の人口は減少に転じている。昨年は、年間出生数がはじめて100万人の大台を割りこんだ。このまま少子高齢化が続けば、40年後には9千万人を下回るというデータもある。すでに私たちは、世界史に類例のない急激な人口減少時代に突入したようだ。 河合雅司の『未来の年表』は、その時代の悪夢のような実態を具体的に紹介する。第1部のタイトルにもなっている...

  • 【本の情報】 土偶界へようこそ-縄文の美の宇宙 [著]譽田亜紀子

    ■造形美、かきたてる想像力 縄文のビーナスって知ってますか? 国宝土偶の第一号である。知らないという人、こっちにいらっしゃい。いや、実は私も有名な遮光器土偶ぐらいしか知らなかった。この本の受け売りでお教えすると、土偶というのは縄文時代、およそ1万5千年前から2400年前まで続いたとされる時代に作られた、人の形をした土の焼き物のこと。何のために作られたかはよく分かっていない。でも、なんらかの仕方で祈り...